似顔絵プロ

テレビ番組専用のイラストレーター森本レオリオです。過去に仕事で描いた芸能人の似顔絵をちまちまとUPします。

テレビのイラストレーターという仕事

テレビのイラストレーターの仕事。

昔は雑記事を書くブログを持っていたのだが、長い間ログインしていなかったために、PWも分からないし、アメブロに問い合わせてもメールも返ってこないしで、どうにもこうにも。

 

イラストレーターleolio 『歩こうの会 おざな(Ozana)』

 

↑この人、最後に死んだんじゃないかなと思うところだけど、無事生きてる。

なので、こっちに。ただ今、監禁状態で、なにかしらをアウトプットする場所が無いもので。

 

イラストレーターの仕事というのは、家で出来るもので(通勤される方もいる)、寝て起きて、5分後には仕事ということが可能なわけですよ。

 

ただ今、多忙期でして、

 

例えば、ずっと描きっぱなしで、夜の23時頃に1回寝て、夜中の3時に起きて、また描き続けるといったローテーションが続いている。まだまだ続く。約20時間勤務といった感じかな。

家で仕事をしているのだから、もう一回言うけど起きて5分で仕事が可能(パソコンはずっとつけっぱなし)。

ご依頼は多い、本当に多い。多いのはいいけど、とにもかくにもご依頼から締切までの時間が短い。これまた、本当に短い。

 

スポンサーリンク

 

 

例えば、朝の生放送なんかだと、時事ネタだから明確になにを放送するかも(どこにイラストを入れるかということ)ギリギリまで決まらない。だから前日の夕方・夜に発注ということがある。つまりは締切まで数時間後ということだ。

 

本当に締切まで時間がない。

 

生放送じゃなくても、発注から翌日締切だとか、当日締切とかもザラ。散髪屋さんの1000円カット並のスピードがいる。

 

とにもかくにも、絵を描くことで大事なことの一つは、描くスピードが早いこと。たらたら考えない。「数描いてなんぼの商売」だから、売上にも直結する。ご依頼は多いのだから。

「描けない」じゃなくて「描く」

「Don't think Feel(ドントシンクフィール)」ってやつだね。

 

自営業なもので、ついつい請けれる仕事は全部請けてしまう。

それでも、やはり時間がないご依頼同士がぶつかると、どうにもならないことがあって(一日は24時間しかないわけで)、断ることも多々。

仕方ない。ご依頼は早い者勝ちなところがある。

 

24時間中、どこかでテレビが流れている。つまりはいろんな人が24時間の中で働いている。

夜中でも普通に電話がかかってくる。こっちも24時間営業対応だ。

 

 

↓この特番でも絵を描いてます。

VIPPERな俺 : 石橋貴明さん「閉塞感が今のテレビをつまんなくさせている」


スポンサーリンク

 

 ↓関係ないけど、これは、「炎の体育会TV」用に描いたFUJIWARAの原西氏を元にした原西ゴリラ。

原西 ゴリラ 動画

 

 

イラストレーター森本レオリオ このホームページにつきまして

www.leolio.com