似顔絵プロ

テレビ番組専用のイラストレーター森本レオリオです。過去に仕事で描いた芸能人の似顔絵をちまちまとUPします。

大泉洋 の 似顔絵イラスト

水曜どうでしょうについて

大泉洋 _水曜どうでしょう_昔_イラスト _画像 写真/

   スポンサーリンク

 

2019年は「水曜どうでしょう」の新作が公開されますね

HTBが新社屋になるほどのヒット番組になった水曜どうでしょう、最初に放送が始まったのは1996年の10月。もう23年前になる。

再放送という形になるが、今でもキー局外のどこかしら放送局で放送されている。最近ではNetflix (ネットフリックス)など動画配信サイトでも配信されている。

一つのテレビ番組が20年以上も、しかも再放送が放送されている番組なんか他に見たことない。90年代後期から2000年初期の日本の映像(海外にも行くけど)が普通にテレビで放送されている。テレビの中では大泉さんも、まだ大学生からそこそこ数年の若造。

 

2002年9月放送の「原付ベトナム縦断」にて本放送が終わった後も、一生どうでしょうを続けるためと銘打って、新作は毎週というスパンではなく、数年おきに放送されている。

終了後に特番という形で放送されたリストは以下の通りです。

 

・ジャングル・リベンジ
2004年5月26日 - 7月7日放送、全7夜。

・激闘!西表島
2005年10月19日 - 12月7日放送、全8夜。

・ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編
2007年1月17日 - 3月14日放送、全9夜。

・原付日本列島制覇 東京-紀伊半島-高知
2011年3月2日 - 5月18日放送、全12夜。

・初めてのアフリカ
2013年10月2日 - 2014年1月8日放送、全13夜。

 

だいたい、2・3年おきに新作が放送されていたのだが、天下の大泉先生こと大泉洋さんも俳優として大物になってきたし、数日もスケジュールが抑えるのが難しいのか5年以上も空いての、今年の新作。

水曜どうでしょう祭 FESTIVAL in SAPPORO 2019」にて、新作の第1夜が公開された。それだけではなく、10月の6日には、全国各地の映画館にてライブビューイングという形で新作の第1夜と第2夜が公開された。約7万人の方が視聴されたそうな。人気がわかる。

最近だと、B'zの2019年のライブツアー、「B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」ライブ・ビューイングで全国の映画館にて公開されたけど、テレビ番組の新作が全国の映画館で公開されるなんて初めてではないだろうか。

当方も行きたかったけど、スケジュールが確保できなかった。

 

昔、新作が放送されたときに北海道まで第1夜を見るだけのために行った人がいた。ホテルに泊まって、ホテルの部屋で観たそうな。

それを考えると、オンデマンド形式ではなく、映画館とはいえ地方でも新作が同時に観れるという時代になったんだなと。しかも同じ番組を好きな人同士で見れるという。応援上映にも似た一体感がある。今求められているのは「体験」!

動画配信サイトなどで、有料配信なども可能だっただろうけど、それをやってしまうと、当然7万人以上の人が視聴されるだろうし、YOUTUBEなどに違法に動画が転載されてしまう恐れもある。動画の違法アップロードは多い。

それにテレビ番組なのに、本放送よりも先に盛大にネタバレしてしまう。

 

水曜どうでしょう」も映画化したらいいのに

 どうせなら、映画版の水曜どうでしょうも作ってみたらいいのに。観客の数はある程度想定できるし、番組自体も大きくなったので予算もたくさん出るだろう。

同じく旅番組、太川陽介蛭子能収にて人気を博したローカル路線バス乗り継ぎの旅も、ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIEとして映画になった前例がある。

しかしまあ、映画だと長くて2時間。もっと長くて我慢できて2時間半。もしくは、前編後編に分けて4時間。4人の旅はその数時間にまとまらない気がする。

2時間だと、30分番組4本分。CMを抜いたとして1本20分ちょっと。詰めて5夜から6夜分。前編・後編として、約10夜分。いや、これだと毎週放送した方がいいかもしれない。

じゃあ2時間くらいで収まる国内のどこかの旅。大泉洋さんと 鈴木貴之さんが旅するだけなら(北海道に限られるが)、「直CUE!勝負」のシリーズがある。北海道のいい所を紹介する観光番組です。

相方が戸次重幸さんに変わるおにぎりあたためますかもあるけど、こちらでは本当食べるだけになってしまう。ひたすら食レポ

 

直CUE!勝負 目指せ! 北海道完全征服!? 胆振・富良野編 [DVD]

直CUE!勝負 目指せ! 北海道完全征服!? 胆振・富良野編 [DVD]

 

 

そうじゃなくて、大泉洋さんが若造扱いされる4人の旅がいいんだけど、それだと2時間に収まりそうにない。また、アフリカの旅でもそうだけど、水曜どうでしょうが番組として、コンテンツとして大きくなり過ぎて、もう4人の旅ではなくなってしまっている。

年齢的に、全てのことをディレクター陣二人でこなすということも難しいだろうし、何より大泉洋先生が俳優として大きくなり過ぎてて、そこら辺の国内でゲリラ的に旅なんてもう出来ないだろう。

アン・ルイスのインタビューを兼ねて東京に行くことだし、、、ということで始った「サイコロ1」の旅。もとい水曜どうでしょう。四国の松山市に行った大泉洋さんは現役の大学生だった。

「帰してくれんかぁ。札幌に帰してくれんかぁ」。なにもかも懐かしい。

 

 そういうや、「サイコロ2」では西城秀樹さんのインタビューということで(大泉洋さんを東京に連れ出すためのダマし)、東京からスタートしたんだったな。西城秀樹さんもいなくなった。

 

今年(2019年)の12月25日からは、HTBにて水曜どうでしょうの新作の本放送が始まる。関東では、群馬テレビとちぎテレビテレ玉、チバテレ、tvkTOKYO MXなどで、北海道で遅れて放送されることを望む。

headlines.yahoo.co.jp

 

久しぶりに大泉洋さんの「大泉エッセイ」に目を通したもので、その感想を書きたかったのだけど、ちょっと時間が確保出来ないので、また今度。

 

テレビ番組・広告のイラスト、イラストレーター森本レオリオ このホームページにつきまして

www.leolio.com

おおいずみよう  OOIZUMI YO


人気ブログランキングへ

大泉洋 _水曜どうでしょう_昔_イラスト _画像 写真/

 

スポンサーリンク

 

 

www.nigaoepro.net