似顔絵プロ

テレビ番組専用のイラストレーター森本レオリオです。過去に仕事で描いた芸能人の似顔絵をちまちまとUPします。

タモリ(森田一義) の 似顔絵イラスト

森田一義アワー ミュージックステーションが引越しした

タモリ_イラスト_写真_画像_昔/

   スポンサーリンク

 

テレビ朝日の金曜の夜のお引越し

ドラえもん」「クレヨンしんちゃんを観ている人が間近にいるので、このテレビ朝日の金曜の夜の番組のお引越しは結構大きかった。

19時、20時台に引っ越して来られた「ザワつく! 金曜日」(19:00)、マツコ&有吉 かりそめ天国(20:00)は、視聴率も好評なのに反して、20時から21時に引っ越したミュージックステーションが苦戦しているとのこと。

テレビというのは、習慣なもので、”あの曜日”の”あの時間”という風に人は覚えているものだ。その期間が長ければ長いほど、いきなりの引越しはダメージが大きいと思う。

昔、TBSの19時台に報道番組を持ってきたことがあった。しかも帯で。報道のTBSの復活だ。

正確には、夕方のニュース番組をそのまま20時近くまで延ばして毎日放送しようという試みだった。総力報道!THE NEWSという番組で、後藤謙次氏や小林麻耶さんが出演していた。

それに伴い、19時台で放送されていた関口宏東京フレンドパークなどバラエティ番組はお引越し。お引越し後、視聴率を結構下げた記憶がある。視聴者の習慣を崩されたからだろう。その報道番組自体も1年で打ち切りとなった。

 

で、そのお引越しが「ミュージックステーション」の視聴率を下げたかというとそうでもないようだ。

headlines.yahoo.co.jp

 

ミュージックステーションといえば、よくジャニーズの方々が出演されているイメージだが、

 

労働基準法の深夜勤務の時間制限によると、

 

・満13歳以上の児童については、午後20時~午前5時禁止。
・映画の製作又は演劇の事業については、満13歳に満たない児童についてもOK、ただし午後21時~午前6時禁止。

 

ジャニーズの中でも少年というか、子供の部類に入る面子が21時以降の生放送に出演出来ない(自主規制的な面もあるみたいです)。そうなると、ジャニーズ目的で視聴していた方々が離れてしまうと。

また、老若男女の皆さんに好かれるような国民的な歌手もいない、好みも細分化されてしまい、なんだったら娯楽も多様化したことによって、音楽にかける比重も下がってきたことも起因していると思う。

 

 

19時台に引っ越してきた「ザワつく! 金曜日」の出演者を観れば一目瞭然だが、視聴者のターゲットは20代・30代ではない。明らかにそれ以上だ。出演者は長嶋一茂さん、 石原良純さん、 高嶋ちさ子さん

視聴者の高齢化が反映されているキャスティングだと思う。別の言い方をすると大人向けのキャスティングだ。今ままでドラえもんクレヨンしんちゃんを観る習慣が付いていた子供層とは間逆ベクトルの番組がきた。

その視聴者がそのままの流れで観てくれそうなマツコ&有吉 かりそめ天国

そしての21時のミュージックステーションだけど、ここで一旦流れが止まってしまってそう。22時台の報道ステーションまで持っていくのが難しそうだ。

21時で急にターゲット層が変わるのも原因だろう。

 

でも、昔ダウンタウンHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP 」が、じょじょに「懐かしの名曲」だとか、「懐かしの歌手をここに!」だとか、そういった方向に舵を切ったときは、視聴者の高齢化故にしょうがないとはいえ、当方もHEY!HEY!HEY!は観なくなった。

 

タモリの音楽は世界だ」を!

 

局は違えど、せっかくMCに音楽の知識にも造詣が深いタモリさんがいることだし、音楽の知識も手に入るタモリの音楽は世界だ」的な番組というか、コーナーもあればいいのに。せっかくいろいろなアーティストも来てくれていることだし、そのアーティストのことも深く掘れる。

前述のHEY!HEY!HEY!は、座り(チャンプ)なり、立ったままなり、そういった深堀のコーナーがあったのが面白かった。また、視聴者さんは音楽のトリビア的な知識も手に入る。

 

というか、テレビ朝日ならば、関ジャニ∞関ジャム 完全燃SHOWがそれをやっている気がする。

 

 

テレビ番組・広告のイラスト、イラストレーター森本レオリオ このホームページにつきまして

www.leolio.com

たもり  TAMORI


人気ブログランキングへ

タモリ_イラスト_写真_画像_昔/

 

スポンサーリンク